尿漏れに悩める女性を救う~気になる問題イッパツ解消術~

female

性の悩みを解決する病院

自由診療は治療費に注意

看護師

泌尿器科は腎臓病や膀胱炎など排泄器官の病気だけでなく、更年期障害や勃起不全など、性機能に関係するさまざまな症状も診察しています。性病科を標榜している病院の数は多くはなく、性感染症については女性なら婦人科、男性なら泌尿器科を受診するのが一般的です。また泌尿器科が皮膚科を兼ねていることも多く、男性型脱毛症や恥部無毛症の治療を行なっているクリニックも珍しくありません。ただしこうした治療の中には、保険の利かないものが多いので注意が必要です。たとえば勃起不全や男性型脱毛症の治療は、おおむね自由診療となり、どうしても料金は高くなりがちです。パイプカット手術や包茎手術なども、原則として保険が適用されません。

必要に応じて治療を選ぶ

性感染症の診断にしても、症状が出ていない場合の検査は、自費で受ける必要があります。それは損だと思うかもしれませんが、自覚症状がなくてもパートナーに感染させる危険があるため、心当たりがあるときは速やかに検査を受けることが重要です。勃起不全や男性型脱毛症の治療薬は、ネット通販などで入手する方法もあります。しかしそれが本物だという保証はなく、また万一副作用が出た場合の処置に困ってしまいます。医師に処方を受けた薬なら、そんな場合でも安心です。このほかプラセンタ注射や緊急避妊薬の処方を行なっている泌尿器科もあります。自由診療は基本的に高額ですが、それに見合うだけのメリットはあるので、必要に応じて選ぶことが大切です。

Copyright©2015 尿漏れに悩める女性を救う~気になる問題イッパツ解消術~ All Rights Reserved.